2019-07-21

まるで「田舎のおばあちゃん」に帰ってきたような、そんな懐かしい蓑毛で森林浴

text by harazonoaikana

はい、こんにちはー。 夏ですね。 だんだんと暑くなり始めました。

さて今回はですね「神奈川県秦野市」とコラボ企画です。神奈川県の「蓑毛(みのげ)」という場所を舞台に、”森林浴”と”癒し”のイベントをやってきました。

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:森林浴したよ。みんな笑顔です!

( 初っ端から楽しそうな笑い声が響いております )

「蓑毛(みのげ)」ってね、”塔ノ岳” や “丹沢山” の入り口である “ヤビツ峠” の麓なのです。それ聞くと、山登りをする人は「おお。あそこね!」となる事でしょう。

蓑毛のいいところはですね、自然ももちろんですが「人」なのだと思います。今回、ガイドのいのさんに蓑毛を案内してもらいながら、”森林浴” と”癒し”を感じさせてもらえる山歩きだったのですが、何よりも人に癒されたんじゃないかなぁと私は思います。

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:山を愛し蓑毛を愛するearthtrekkinのガイドいのさんです

( 山を愛するerath trekkingのガイドいのさんが、山を案内してくれます )

なんたってガイドのいのさんは、山を愛し蓑毛を愛する人ですから。その愛がガイド中も伝わってくるんです。素敵ですよね。

いのさんは、週末にアルプスなどの山にも登り、綺麗な山の景色や花の写真をよく撮ってらっしゃいます。「山登りにはまったのは、高山に咲く花が好きでその花を撮るために山に登っているうち、四季折々山が見せる変化に魅せられあちこちの山に登るようになりました。」(https://earthtrekking.jp/guides/9 いのさんプロフィールより)

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:かぼす?何だろう。すごい美味しそうな香りがする(笑)

( かぼす?何だろう。すごい美味しそうな香りがする(笑))

花のはなしや、木のはなし、猪の穴を見せてくれたり、ヒルを見せてくれたり(笑) ゆったりまったり、いのさんが一つ一つ丁寧に教えてくれるんです。色んなことが知れて楽しいなぁと思いました。(きっと、一人や友達同士で歩いてたら見逃してしまっていただろうなぁ。)

それに。蓑毛の人たちと一緒に ”流しそうめん” もしました。

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:流しそうめんなんて久しぶり!自然の中で食べるって美味しい!

( なんと、この竹のそうめん流し台も今朝作ってくれました! )

手作りの茄子の揚げ浸しや、焼きおにぎり、うめきゅうりなど、本当に美味しくって箸が止まりません。お腹いっぱいなのに、まだ食べたい、と箸を持ち続けて笑われてしまったくらいです。

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:茄子の揚げ浸しが美味しすぎる。全部手作りです。

( 茄子の揚げ浸しが美味しすぎる。全部手作りです。 )

まるで、「大家族」「田舎のおばあちゃん、おじいちゃんち」に帰ってきたような、そんな懐かしさと暖かさを感じたのです。すごく楽しかった。

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:こうやって、外でみんなと食事するのって何年ぶりだろう・・・? 大家族みたい

( こうやって、外でみんなと食事するのって何年ぶりだろう・・・? 大家族みたい。 )

やっぱりね。自然だけ ではなく、人だけ でもなく。自然と人 、どちらのチカラも欠かせないのです。自然と人が相まるからこそ、自然の本当の良さが伝わるのだと思います。

ガイドであれ参加者であれ、互いに「自然を楽しんでいる姿をシェアしあう」ことが、earth trekkingの魅力です。私たちの「自然の良さを伝えたい」とはそう言うこと。

だから自然の良さを伝えるには、「自然を愛する人たち」の存在は欠かせないわけです。そんな、自然を愛する人たちと自然を感じさせてもらえるプログラムでした。

earth trekking:神奈川県秦野市コラボ:蓑毛(みのげ) の お母さん達です!

( 蓑毛(みのげ) の お母さん達です )

この暖かい山歩きは記憶に残り、ふと思い出すことだと思います。

なんだか懐かしいようなシーンなんだけど、どこだったっけ?

「あ、蓑毛だ。そういえば、ガイドのいのさんどうしてるかな。蓑毛の人どうしてるかな。会いにいってみようかな」

そんな風になればいいなと思います。