2019-06-30

ほぼ森に囲まれた智頭でプチリトリート体験をしてみたら

text by harazonoaikana

梅雨入りしたようですね。6月の山は、湿った土の香りがいい匂いがします。

さて、6月は鳥取県智頭町で「森林浴」のプログラムをしました。

鳥取県智頭町は、大阪から2時間30分ほどでいける山に囲まれたのどかな町です。なんと90%以上が森でできているそうです。自然豊かな場所だからこそ、そこに訪れるだけで癒されます。でも、それだけではないのです。

智頭は、おしゃれなカフェや古民家もあり、観光スポットや英語の案内板なども用意されています。「あれ、ここ森に囲まれた町(田舎)だと聞いていたのだけど・・」という風に、訪れた人は少々ギャップを感じるかもしれません(笑)

earth trekking:プチリトリート体験:お待ちかねの、森林浴ヨガ
お待ちかねの、森林浴ヨガ

そんな智頭町で、「あなたの心と身体を癒す森林浴ヨガを通して、プチリトリート体験!!」というプログラムをおこないました。

「え?リトリートってなに?」と思われた、そこのあなた。 はい、私も “リトリート”という言葉の意味を知らず、このプログラムを通して初めて知りました。

リトリートとは・・・日常生活から離れて普段しないことをしながら自分を見つめなおす時間、自分の内側にアクセスして本当の自分に気づくための旅、自分を修復する/栄養を与えるという意味がある、と考えられているそうです。

earth trekking:プチリトリート体験:自然の中で瞑想します
自然の中で瞑想します

普段の日常生活から一歩離れ、智頭町の豊かな森の中で、ヨガを通して、「考える」ことよりも五感をフルに使って「感じる」ことを大切にしながら、心と身体と魂を癒し、本当の自分にアクセスしていきます。

日頃、忙しくて”ストレスやコリが溜まってるあなた”  ゆったりと流れる森の中で、自分自身とつながりを取り戻し、今までと違った世界が見えてくるかもしれません。

earth trekking:プチリトリート体験:日頃、忙しくて"ストレスやコリが溜まってるあなた"  ゆったりと流れる森の中で、自分自身とつながりを取り戻し、今までと違った世界が見えてくるかも
今までと違った世界が見えてくるかも

森の中でヨガをしたり、 自然に触れ合いながらワークをしたり、 鳥や虫の声を聞きながら昼食をとったり、 仲間とのシェアタイムなどを通して、 本当の自分に還っていく。そんなプログラムでした。

earth trekking:プチリトリート体験:智頭のお野菜を使った、手作りお弁当が美味しすぎます!(感動泣)
智頭のお野菜を使った、手作りお弁当が美味しすぎます!(感動泣)

自然の中でカラダを動かすだけでなく、ワークショップで頭を使って”自分について考える”なんて、自分一人だと中々しないことなのでいい体験です。

それを、誰かとシェアするなんて気恥ずかしい気もしますが、やってみると、思いのほか楽しいものです。自然の中でカラダを動かした後だったから、余計開放感もあったのかもしれません。

これは、まさにearth trekkingならではのプログラムだからこそだと思います。

earth trekking:プチリトリート体験:自然の中でうち解けて、和やかな雰囲気
和やかな雰囲気に

帰る頃には心とカラダが癒されていて、リトリートっていいものだなぁと感じた旅でした。

また、リトリートしに智頭に行きますね。