About earthtrekkingとは

earth trekkingは、ヒーリング(癒し)を感じてもらう事を目的とした、森林浴を含む山や自然歩きのサービスです。

【 自然とストレスの関係性 】経済や科学技術が発展し便利で快適な生活が実現している一方で、現代人は多くのストレスを抱える「ストレス社会」と言われています。

ストレスが慢性化し「こころの病」にも繋がる人が増えており、2015年には、ある一定企業*1でのストレスチェックが義務化されました。「ストレス」は大きな社会課題です。

その原因の一つとして、自然離れが要因であると言われています。森林浴の研究者である宮崎教授によると「人間は99.99%以上を自然環境下で過ごしてきたことになり 〜省略〜 遺伝子は数百年という短期間では変化できないため、私たちは自然環境に適応した体を持って現代社会を生きているのです。

必然的に常にストレス状態にあり、加えて最近の急激なコンピューターの普及はさらなるストレス状態の昂進を生み出しています」*2 とあります。

また、生理人類学者の佐藤方彦先生の著書でも「人間の歴史の中で都市が出現したのはごく最近のことであり、人間の生理機能は自然環境用に作られている」とあります。

自然がストレスを軽減する効果があると学術的エビデンスも確立されました。つまり、自然は現代人が抱えるストレスをケアする手段として明朗な方法であると言えるのです。

【earth trekkingの社会的意義】私たちはこうした、ストレス社会を軽減するために、ヒーリング(癒し)を目的とした、森林浴を含む山や自然歩きのサービスを提供しています。

自然に癒し効果があると言っても、個人が山や自然に行きプランなしに歩くことは、少しハードルがあるかもしれません。(最終的にはそれがゴールなのですが)それよりも、ガイドに連れ添い、自然の楽しみ方や歩きかたを教えてもらった方が、より効率的にストレスケアや癒しを感じることができるでしょう。

何より、ガイドや他の参加者とのコミュニケーションが、自然の中で癒し感じる手助けしてくれるはずです。

私たちは、参加者に自然を感じることに集中しリラックスしてもらいたいと考えています。だからこそ、親切で明るいガイドと共に、森林浴を含む自然や山歩きのプログラムを提供しているのです。

*1 常時使用する労働者が50人以上の事業場では、ストレスチェックの実施が義務づけられています(労働安全衛生法66条の10)

*2 前文(人間となって約700万年が経過しました。仮に産業革命以降に都市化、人口化したと仮定した場合、その期間は2〜300年間に過ぎず、人間は99.99%以上を自然環境下で過ごしてきたことになります。)宮崎良文教授 著書 「森林浴 -SHInrin-Yoku」より